僕は勘違いをしていた。代理店の求めているもの。

代理店ビジネスとはサービス提供主体とは別の会社が、営業や販売活動を代理でおこなうビジネスを指す。

私は代理店の業態は理解していたが、自分はどうやら彼らと付き合うにあたり、大前提を履き違えていたと気がついた。(というか代理店の社長に教えてもらった)

簡単に言ってしまえば、私は自分の製品・サービスに思い入れが強いので、代理店の営業マン達にも製品やサービスの理念や利点を熱心に語るやり方をしていた。

しかし、代理店は良い品物を売りたいんじゃなくて、代理店マージン(利幅)の大きいものを売りたいんだそうだ。

代理店が接触できる見込み客の数は限られている中で、売上を最大化するにはマージンの大きいものを売るのが一番だ。

でも、そんな簡単に売れるの?って思うじゃない。

ところが、今時、代理店の営業の話を聞いたり、広告メールを開封して中身を読んだりする善良な人は、いわば何でも買うんだそうだ。

だから、商品は本当に一番良い物である必要はない。そういう善良な人はネットで比較をしたりもしないから。

なんかちょっと怖いけど、そういうことなんですね。

考えてみれば至極当然の話なんだけど、自分の熱い思い入れがある製品においては、相手の立場を忘れて話をしちゃうものだ。

私は今までもこれからも自社の製品・サービスにとことんこだわり、良いものにしていきたいと思っているけれど、
代理店と話す時は彼らの立場を理解して気をつけて喋ろうと思った次第です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>