タグ別アーカイブ: 空気を読む

空気を読まない

人は集団生活を営む上で空気を読んだほうが、スムーズに事が運びます。

ただし、空気を読みすぎると、集団内の論理だけで行動してしまい、外部から見た場合につまらない結果となります。

例えば、私は中学時代に野球をやっておりましたが、緊張すると手が汗っぽくなり、スウィングする際にバットがすっぽ抜けそうになるため、思い切ったプレーができないことがありました。本当はグローブをすれば良かったんですが、チームメイトの誰もグローブをしてなかったし、そこまでするのは格好悪い、なんて思ってました。
目的は”打つ”ことにあるのに、集団の空気を読んで、その結果、目的を達成できなかったんです。もちろん、今となってみれば、グローブをして思い切りスイングしてもっとヒットを打っていたほうが100倍楽しかったのに、と悔やんでいます。

このように、学校生活や会社員生活でも意識せずに”空気を読んだ”行動を取り、たくさんのつまらない結果を残してきてしまったように思います。

ウチの学校ではそんなことは誰も言わないよ
ウチの会社でそんなことをしたら何を言われるか分からない
ウチの会社の上層部は絶対分かってくれない
オレは下っ端だから、まだそんな事を言える立場じゃない

集団の空気を読むと、このような考えに陥ってしまいます。
でも、これは外部から見たら、とてもとても小さな世界でしか物事を捉えられていないということなんですよね。

では小さな世界から抜け出し、広い視野を身につけるにはどうしたら良いか?
学校や会社を変える=物理的に抜け出せればいいんですが、それはそうそう頻繁にできる話ではないですよね。
そこで私は”本を読むこと”をお奨めします。
本は他者の視点を得るにあたって非常に効率が良いので。
本で得た他者からの視点で常に自分の属する集団の方向性や空気感を眺めて、時には”空気を読まない”行動になろうとも、自分の行動を決定していくほうが、長期的に見て成功する確率が高いです。

このブログエントリーは、僕の大切な友人が仕事で苦労しているという話を聞いて考えたことを書いてみました。

仕事で鬱になってしまったり、学校でイジメに悩む人、そういう人達に「今いる集団や置かれた状況なんてものは外部から見たら非常に小さな世界の話だよ」と伝えたい。
辛かったら辞めていいんだよ。あまり無理すんな。
外の世界には君が活きる場所が沢山あるんだから。

仕事や学校で”これがしたい”とか”本当はこうすればもっといいのに”という考えがあっても言えなかったり行動できない人。確かに難しいよね。僕も分かります。
でも実は同じことを考えている人っているんだぜ、絶対。
集団は個人の集まりだから、仲間を見つけよう。1人では難しいことも仲間がいれば心強いよ。僕も仲間がいるから、こうやって起業までしてる。
人生は一度きり。悔いのないようにenjoyしよう。